ダイエットの短期集中型と長期型で見られた体の変化まとめ

ダイエットの短期集中型と長期型で見られた体の変化まとめ美容
この記事は約3分で読めます。

今年も7月になり、夏に向けて短期集中型でダイエットを開始したという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

・コロナ禍の中で、ずっと家にいて体重が増えたから痩せたい

・外出自粛だから筋トレやダイエットをしてみようかな

などなど、思いはいろいろかと思います。

私は長期的な体重キープをしていましたが、最近またストイックに短期集中型でトレーニングを始めました。

このふたつをしてみて、体への変化がいろいろとあったので、まとめたいと思います。

スポンサーリンク

以前までは基本的には短期型

以前までの私流ダイエットは基本的に短期集中型。

期間はおおよそ1週間程度。

短期間でがっつり落としていくため、その期間は一日中トレーニングをしたり、ひたすら動きまわったりしています。

1週間でおおよそ4~5㎏は落とします。

長期型ダイエットという名の体重キープ

特に意識をしていたわけではなく、普通に食事をして、適度に動いて、普通に生活していましたが、気づいたら体重キープができているということに気が付きました。

この自粛期間で、外食に行くことがなくなったことも要因のひとつかなと思っています。

食事も本当に普通。

サラダを食べて主食を食べて、食べたいときはおやつも食べる。

そうやって過ごす期間が数ヶ月続きました。

短期集中型と長期型で体に現れた変化

では、それぞれの期間にどんな変化があったのかについて簡単ではありますがまとめてみました。

短期集中型ダイエット

・新陳代謝がとてもよくなる

・動いてないと、気持ちが落ち着かなくなる

・トレーニング期間が終了すると、体重が戻りやすい

⇒継続は力なり

ということわざがありますが、まさにそれです。

短期型で一気に体重を落とした場合、俗にいうリバウンドに近い現象が起こりやすくなります。

また、新陳代謝がよくなり普段の生活の中でもたくさん汗をかくようになりました。

長期型ダイエット

・体重はなかなか落ちにくいが、太りにくくなる

・ちょっと食べすぎた後も、数日すれば元の体重に戻りやすくなる

・日頃の意識改革ができる

⇒短期的とは違う、長期型での体の変化には、私自身ちょっと驚いているところがあります。

毎朝体重を図って、適度に体を動かしながら日常生活をして、ダイエットというよりも【体重キープ】を意識することで、時々体重が落ちているという日々を繰り返すことで、体がなじんでくるのかなと思いました。

ダイエットダイエットダイエット・・・

そう考えていくだけでも、ストレスはかかるかと思いますが、体重キープならさほどストレスは軽減されるような気がします。

長期型と短期型を組み合わせる

上記でもまとめた通り、短期型と長期型ではそれぞれメリットデメリットがあります。

特に短期型では、短期間で体重を落とせるようなトレーニングをしているため、体を壊さないように気を付けていかなければいけません。

また、短期間ダイエットといって、無理な食事制限や水分を取らないことはとても危険なことです。

自分の体とよく相談をしながら進める必要があります。

それらを踏まえて私が思うことは

【私にとってはどちらも大切である】

ということ。

ストイックに頑張ったことで得られる達成感を味わうことと長期間体重をキープできるようになることは、私にとってのモチベーションになるなと思いました。

ぐっと落として、体重をキープしていくことがポイントです。

まとめ

今はInstagramやyou tubeでダイエットダンスやヨガなど体づくりに関する動画などがたくさん載っていますよね。

・どうやってトレーニングをしたらいいんだろう?

・自宅でできることってなんだろう?

と思われる方は、見てみるといいかもしれませんね。

楽しく体を動かしながら、夏もアクティブに生活したいですね。

 

ダイエットについては、個人差があります。

また今回のことはあくまでも私の経験談です。

不安な方は、医師に相談されながら進めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました