普段の生活を変えるとニキビは予防できる!原因を知って4つの対策を

普段の生活を変えるとニキビは予防できる!原因を知って4つの対策を美容
この記事は約4分で読めます。

ニキビのように目立ちはしないけど顔にあるこのブツブツはなんだろう・・・?

取りたい・・・

でも取ったら肌に悪影響かな

あー!!気になる!!!

っていうことありませんか?

ひょっとするとそれはニキビ予備軍かもしれません。

・ ニキビ予防をしたい
・ニキビに悩まされている
・毛穴な角質詰まりが気になる
・口元やフェイスラインなどの顔のブチブチがなにか気になる
という方にオススメの記事です。

自分に合うスキンケアを見つけて、 脱ニキビを目指しましょう。

スポンサーリンク

顔のブツブツ・・・これはなに?

私もその一人で、洗顔をするときや化粧水をつけるときなど、手に触れるそのブツブツの感触がとても嫌で嫌で・・・

これはいったい何者なのだろうって考えていました。

どうやらこれは、ニキビ予備軍というか小さいニキビかもしれない。

ということで今回はニキビについて、まとめてみました。

仕事や育児で、病院にいく時間がないという方も多いのではないでしょうか?

でも実はニキビではない違う病気だったり、ホルモンバランスの乱れだったり、ニキビの裏にはいろいろなことがあったりもします。自己判断で決めつけてしまわずに。本当にニキビなのかどうか、病院を受診して原因を突き止めてみることもオススメです。

そもそも、なぜニキビはできるのか

ニキビのできる原因は、

・不規則な生活習慣や食生活

・ストレス

・スキンケアが正しくできていない

・便秘

・紫外線などにより肌に負担がかかったとき

・ 睡眠不足

などがあげられます。

実はすごく身近なことがニキビの原因や肌荒れの原因となっています。

日々の生活習慣などによって、皮脂の分泌が盛んになり

・毛穴づまり

・アクネ菌の活発化

につながるのです。

 ニキビの種類

まず、意外と知らないニキビの種類です。

大きくブツっとなってちょっと赤くなってしまったり、膿のようなものが溜まってしまったりするものだけがニキビではありません。

白ニキビ・黒ニキビ(コメド)とは

コメドとは、別名白ニキビ、黒ニキビのことです。

毛穴が詰まった状態のことを指します。触ると、ぼこぼこしていたり、ザラザラしていたりしているのが特徴です。

たた、小さいのでほったらかしにしてしまいがちですが、これが炎症を起こしてくと、アクネ菌が発生し、赤ニキビや黄ニキビへと変貌を遂げていくのです。

赤ニキビとは

赤ニキビとは、白、黒ニキビを経て、赤く炎症を起こしてしまっている状態のこと。

このあたりになってようやくニキビができたことを実感する人が多いのではないでしょうか。ですが、実際この時はすでにアクネ菌の活動は活発化して、炎症を引き起こす原因がいろいろと作られているそうです・・・

黄ニキビとは

赤ニキビがさらにひどくなり、化膿している状態のこと。

膿が溜まって、ニキビの中心が黄色く見えることから黄ニキビと言われます。

こうなると、ニキビの炎症の原因が回りにも排出され、まわりにも広がっていく原因となるのです。

また、さらにここからひどくなると、ニキビ痕が残ったりする場合もあります。

ニキビの順番

①極小面ぼう(マイクロコメド)

白ニキビよりももっと小さなブツブツ

②白ニキビ

③黒ニキビ

④赤ニキビ

⑤黄ニキビ

ニキビができる順番には5つの工程があり、目立つニキビよりも先にもうすでにニキビは存在しているのです。赤ニキビになるよりも前にしっかりとケアをしてアクネ菌の活動を活発化させないことが大切だといえると思います。

アクネ菌とは

ニキビ予防を考えたときによく聞くアクネ菌。それって実際のところ何なのかというところをお話していきます。

実はアクネ菌、男女ともに元々お肌に常に存在している最近です。

肌を弱酸性にするという役割も持っています。

そうすることによって、バリア力が高まるともいわれています。

ただし、アクネ菌には善玉・悪玉が存在していて、ニキビの炎症を起こす原因ともなりうる細菌です。でも、実際には、炎症を起こすアクネ菌をもっていない人も世の中には存在するようで、そのような方にはニキビができにくいともいわれています。

もう、とてもうらやましいお話ですよね。

皮脂が多い部分にアクネ菌は存在する

頭皮に最も近い顔、そして背中など、皮脂が多い部分にアクネ菌は存在しています。

アクネ菌は皮脂を好むため、そのような場所にニキビができやすいのです。

ニキビケアとしてできること

ではどんなことをすればニキビ予防になるのでしょうか。

①規則正しい生活習慣と食生活

⇒基本的な生活を見直すこともお肌にはとても大切なことです。

洗顔や化粧水など肌に合ったスキンケアをする

⇒よく洗顔は、泡を転がすようにするというお話を聞きますよね。

まずは自分に合った洗顔をや化粧水、乳液などを見つけて、肌をきれいに整えてあげることが大切です。

洗顔をするとき強くこすってしまうと摩擦で肌荒れの原因にもなります。

優しく洗顔をして、保湿をしっかりと行いましょう。

UVカットをできる限り行う

⇒紫外線はお肌によくないのはみなさんご存じかと思います。

外に出るときは日焼け止めを塗るなどして、予防していきたいですね。

④ストレスケア

⇒ストレスも肌に影響を与えます。

リラックスして過ごせる時間をできる限り作るように心がけていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニキビができるのには様々な原因と段階があります。

自分のお肌にあった対処法を心がけながら、スキンケアをしていくことが大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました