マイナポイント「上乗せキャンペーン」どこがいいのか本気で考えてみる

マイナポイント「上乗せキャンペーン」どこがいいのか本気で考えてみる生活
この記事は約3分で読めます。

2020年7月1日からスタートしたマイナポイント。

上限5000円がもらえるということですが、キャッシュレス決算サービスからひとつ選ばなければならないことから、各社さらに上乗せキャンペーンを行っています。

たった一つ選ばなければいけないということで、これはとても慎重に行ってどこがいいのか考える必要があります。

スポンサーリンク

マイナポイントとは

マイナンバーカードを利用したマイナポイント。

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービス(決済サービス)を提供するキャッシュレス決済事業者(決済事業者)を通じて付与します。付与を受けるにあたっては、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(1つ)を選択(マイナポイントの申込み)すると、当該決済サービスの利用(チャージまたは購入)時にお買い物等に利用できるポイント等が付与されます。
マイナポイントは、これら決済事業者が付与するポイント等の総称です。

引用:マイナポイントとは

上限5000円ってどういうこと?

チャージまたは買い物をすることでポイントが貯まるシステムです。

ポイント付与対象期間:2020年9月1日~2020年3月31日まで

付与率:25%(20000円×0.25%=5000円分)

*買い物の際、マイナンバーカードは不要

*2万円で25,000円分のお買い物ができる

対象のキャッシュレス決算サービス

対象のキャッシュレス決算

ICカード

例)nanaco・WAON・楽天edy など

クレジットカード

例)オリコカード・楽天カード・三井住友カード・りそなカード など

デビットカード

例)三井住友カード・ジャパンネット銀行・イオン銀行 など

QRコード決算

例)メルペイ・paypay・楽天pay・LINEpay など

プリペイドカード

例)ほぺたんカード(コープみらい・mijica

一応ホームページの方に対象のキャッシュレス決算一覧が載っているのですが、とても多いです。

選ぶのにもとても苦労しそうな予感がします。

各社があげている【上乗せキャンペーン】

有名な企業が行っている上乗せキャンペーンで見つけられたものをまとめてみました。

paypay:1等100万円~4等500円(総額1億円)が抽選であたる

メルペイ:メルカリのお買い物で最大1000円付与(付与率5%)

楽天

①楽天カードでチャージ+楽天キャッシュ払い

マイナポイントを含め26.5%付与

②楽天カード払い 合計26%

③楽天ポイント払いまたは楽天キャッシュ払い 合計26%

三井住友カード:抽選で100名様にVポイント10,000円

au payカード:上限1000円付与

ジャパンネット銀行デビットカード:100円

WAON:2000WAON(付与率10%)

少しでも損をせずにお得に登録するには

・今後もよく使う可能性のあるキャッシュレス決算

・各社の上乗せキャンペーン

・使えるお店

がやはりポイントですよね。

上乗せキャンペーンがどれだけ良くても、普段使わないものを選んでしまうとあとから後悔しそうな気がします。

また、抽選で大きな金額を運試しで狙ってみるのか、少額でも確実に入るものを選ぶのかについてもそれぞれメリットがあるものを選ぶ必要があります。

またメルペイにおいてはメルカリでのお買い物で1000円ということのようなので、メルカリでよくお買い物をする方にはいいのかなと思います。

まとめ

これは本当に悩ましいですよね。

複数のキャッシュレス決算を使っている私にとっては、ひとつだけ選べというのもなかなか難しいことです。

2020年7月5日現在はマイナポイント事業についてのお問い合わせも混雑しすぎできないようなので、気になるキャッシュレス決算についてのことを細かく調べてできるだけ損のないように登録したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました