アラサー専業主婦が自分の時間を確保するために実践した6つの時間作り方

アラサー専業主婦が自分の時間を確保するために実践した6つの時間作り方生活
この記事は約5分で読めます。

これは、昨年まで私が専業主婦をしていたときの話です。

毎日育児に追われていると気づくと1日が終っているなんてことがざらにありました。

それでもブログを書いたり、副業をがんばったりチャレンジしたいこともたくさんありました。

今回は、そんな私が実践してきた時間の作り方をまとめました。

スポンサーリンク

専業主婦時代によく言われたこと

今も仕事をまだ趣味で行っていたころ、もちろんそれ以外にもやりたいことがんばりたいこともたくさんあったりして・・・。

そんなとき、周りの人からよく言われたことがあります。

育児中なのに、どうやって時間作ってるの?

大変じゃない?

確かに睡眠時間を削って勉強していくことはとても大変なことだったけど、私にとって自分の時間ってものすごく大切な時間です。

時間って作らないとできない

と私は思っています。

趣味を楽しむ時間、新しいことを始める時間、勉強する時間など…

普段の日常の中でいつもと違う時間を作るとき、それって意外と勇気と行動力と体力が必要とされることも中にはあると思います。

でも、その時間を確保して行動できるかで新しい人との出会いがあったり、今後の自分を変える新しい何かに出会えるきっかけとなったりすることもあります。

そのおかげで私は専業主婦を卒業して育児をしながらも大好きことを仕事として活動するだけではなく、たくさんの人との出会いがありました。

これは私にとって大きな財産です。

自分の時間の作り方

効率よく仕事や家事を済ませて、自分の時間を作るためには何が必要かというと

【一日のスケジュール管理と時間配分】

が大きなところだと思います。

私は子どもたちが寝るまで待つのではなくて、早く寝かしつけて自分の時間を過ごすことがひとつの楽しみでした。

①無駄な時間を省くためにできること

【to doリストを作って活用する】

一日のスケジュールややることリストを作って、パソコンとか冷蔵庫とかとにかく自分がよく見る場所に貼って完了したら剥がす

目に見える形できちんと残すことが一番のポイントです。

2、3枚同時に剥がせたときはすっきりします。

例)

・10:00までに家の掃除をすべて終わらせる

・この時間は勉強をする

・今日やるべき仕事は何時までにすべて終わらせる

・休憩は何時まで

・寝る時間を決める

などです。

②優先順位を明確にする

『昼間だからできること、夜間だからできること』をしっかりと分けて取り組むことで、ダラダラ生活することなく一日過ごせるように思います。

先程のやることリストを一日の流れに沿って貼っていき、どの順番で取り組むのが一番いいのかを考えることも一つではないでしょうか。

自宅にいるとついつい、曖昧になりがちな一日のスケジュールもしっかり管理することで効率的に生活することができます。 

自分のやると決めたことは、メリハリをつけてしっかりと行うことが時間の効率化をしやすいです。

③終わる時間、就寝時間を決める

会社での勤務に終わる時間があるということは、一日のノルマやスケジュールをその時までに終わらせなければならないですよね。

終わらなければ、残業となる場合もあると思いますし、そうすることでせっかくできたはずの時間が無くなってしまうということにも。

【寝る時間を決めるということは一日の作業を終える時間でもある】

その日決めたことを一日が終わる時間までに終わらせるためにはどうすればいいのかって結構大事で、それによって一つ一つの作業時間や活動時間が変わってくると思います。

1日目のやるべきことを次の日に持ち越さないためにできることを考えて実践することが必要ですよね。

休むことも次の日アクティブに行動するためにはとても大切なことだと身をもって経験しました。

④フリータイムの楽しみを考える

ずっと忙しくしていては息が詰まってしまうので、フリータイムの時間を決めてその時間に何をしたいかを考えることで、少し気持ちにゆとりが持てると思います。

休むことは無駄な時間ではなくて、一日を効率よく過ごすために活力になりますよね。

趣味の時間を過ごしてみたり、体を動かしてみたり、外に出かけてみたり。

自分の自由な時間を過ごすことも大切ですよね。

⑤やるべきことを終えるまで、テレビやスマホから離れる 

テレビはフリータイムの楽しみとして取っておいて、まずはやることをやってから楽しい時間を作ってみる。

一番わかりやすい例が子どもの宿題です。

「宿題が終わるまでテレビやゲームはやらない」

というルールを決めている家庭も多いのではないでしょうか。 

それって大人にも言えることなんだなってすごく思います。

⑥アラームをセットする

ひとつひとつの作業時間を決めたら、スマホなどのアラームをセットして時間を忘れないようにします。

アラームの使い方って目覚ましだけではないですよね。

使えるものはどんどん使っていきたいですね。

まとめ

人との出会いって自分を大きく成長させてくれるきっかけになることもありますよね。

時間を作ることは、意識しないとできないことのひとつだと私は思っています。

有意義な時間を過ごせると気持ちも元気になったり、日々のモチベーションになったりします。

やりたいこと、目標をみつけるきっかけにも。

ライフスタイルやお子さんの年齢にもよって違いはもちろんあると思います。

なので育児中時間を作ることって大変なこともあるかもしれませんが、一歩踏み出せば新しい自分とも出会えるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました