Amazonでの不正アクセスされた際の対処法と電話相談

Amazonでの不正アクセスされた際の対処法と電話相談生活
この記事は約4分で読めます。

『不正アクセス』という言葉やニュースをたまに見かけることがあります。

でも、実際にそれが自分に起こるなんて思ってもみませんでした。

今回は私が不正アクセスにあった際の出来事とどのように対処したのかについてブログにまとめようと思います。

スポンサーリンク

Amazonからの突然の購入通知

Amazonプライムビデオで【スマホを落としただけなのに】という映画を見ていたときのこと…。

私のスマホが何回もなりだしました。

何が起こったのかと思えば、大量のメールが。

Amazonショッピングの注文確認メールでした。

びっくりして目を疑いましたが、迷惑メールではなく紛れもなくAmazonからでした。

そこには、購入した覚えのない商品が並んでおり、支払い期限などが記載されていました。

購入履歴は、購入後すぐには反映されないのでアプリからすぐに確認することはできませんでした。

でも一つわかることは【不正アクセス】であること。

私が見ていた映画も不正アクセスが絡んでくるものだったのでタイムリーすぎて焦りました。

一番の心配はクレジットカード

普段Amazonなどの通販を通して買い物をする際は、クレジットカードを使用しているため登録しているという方も少なくはないのでしょうか。

私も同じくクレジットカードを登録していたので、その情報が洩れてしまったのではないかということが一番の心配でした。

一応、今回の不正アクセスによって勝手に購入された商品は、クレジットカードを通してではなかったのが幸いでした。

不正アクセスに合った際の対処法

驚きましたが、まずは深呼吸。

今回の一件で私が行った対処法をまとめました。

これから先、万が一私と同じような方がいたときのために役立てばいいなと思います。

でも一番はそのようなことがないことですね。

①通知の確認

まず通知が来たメールアドレスを確認して、Amazonを装った迷惑メールではないかを確認します。

Amazonでは、迷惑メールの手口の被害にあわないよう、スパムメールの見分け方が公開されています。

スパムメールの見分け方 - Amazonセラーセントラル

それと照らし合わせながら、まずはアドレスの確認をします。

結果➡Amazonからのメールでプッシュ通知もあったので確定です。

②Amazonのカスタマーサービスを利用

現在Amazonは、すぐに電話をすることができなくなっています。

まずは、チャットから詳細を書き込みます。

ただ、どう文章を書くかで対応が変わってくるので、詳細をはっきり書きます。

例)購入していない商品が勝手に購入されている

買っていない商品が勝手に購入されている

etc.

そうすると、チャットから電話相談につないでくれます。

書き方によっては、ただキャンセル手続きに移るだけになってしまうこともあるので、気を付けてくださいね。

不正アクセス関係はきちんと電話でお話できます。

③Amazonに電話相談

電話にて、状況を説明します。

私のおかれている状況を詳しくお話しました。

不正アクセスかを調査してくれるとのことで、Amazon関係(プライムビデオなども含め)アカウントが停止されます。

④調査結果メールを待つ

1時間ちょっとでメールが来ました。

【内容】

・クレジットカードへのアクセスすることを不可能にした

・クレジットカード番号全桁をアカウントに表示されなくした

・Amazonアカウントのパスワードを無効にした

・不正アクセスによって変更されたことは無効にした

・発送前の注文はすべてキャンセルした

とのことでした。

私の情報も書き換えられていた?と思うとぞっとしますよね。

また、アカウントが有効化されるまで5時間ほどかかるとのことで、その後新たにパスワードを設定した後サインインすることができるとの記載がありました。

⑤5時間以上経過後再度アクセス

新たにパスワードを設定して無事私のアカウントは復活しました。

Amazonさんがとても丁寧な対応をしてくださったおかげで私も肩の荷が下りました。

まとめ

まさか自分が・・・

というびっくりした事件でした。

でも、冷静になることも必要ですよね。

不正アクセスを防ぐために

・定期的にパスワードを変える

・いろいろなサイトで同じパスワードを使わない

・メールアドレスも注意する

・万が一不正アクセスされた場合は、自己判断せずにカスタマーサービスに即連絡する

とりあえず、クレジットカードが悪用されることもなく無事に現在まで至ります。

インターネットは便利ですが、怖いものでもあるので改めて気を付けなければいけないなと思いました。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました